杏童占い奇譚 その二











こんにちは。杏童です。

私の秘蔵のお守り。とても大事なものですので、あげたり売ったりはしていません。
でも、占いのクライアントで非常に重大な人生の転機が訪れている方が
いらっしゃる場合には、一時期お貸し出ししています。
例えば、ケガや病で大きな手術をされる方、
受験や就職試験、ひどい慢性病・・・etc.


自分で言うのもなんですが、このお守りをお持ちになった方で、
抱える問題が解決しなかったことは、ほぼ100%ありません。
そのぐらい、最強の厄よけと招福のパワーを秘めたお守りなのです。


短い紐の先についているのは、私がかつて親しくさせていただいていた、
今は亡き伝説の女優さん所有の「水晶」。
それに、バリ島の有名な現地ヒーラー(私の師匠)からいただいた「黒珊瑚」です。
この黒珊瑚は、師匠がインド洋で船に乗っていたとき、
波間にきらりと光る不思議なものが見えたので、
その場で海に飛び込み、もぐって採ってきたといういわくつきのもの。
それぞれ、元は量的にもっとたくさんあったのですが、私はいろいろ考えた末、
いつでも持って歩けるように、約20個のこんな小さなお守りに仕立て変えたのです。


しかし今、ちょっと困ったことが起こっています。
皆さん、実際効果があり「これはすごい!」と思われるせいか、
一段落ついてもほとんど返してくださらない。
私も別に貸し出し記録をとっているわけではないので、
いつの間にか大半が散逸してしまい、
私の手元には現在これひとつしか残っていないのです。
あれだけの数があったお守りたちは、
いったい今頃どこをねぐらに旅しているのやら・・・?


しかしこのお守りは、私にとってかけがえのない思い出が詰まった大切なものです。
それに、さらに気になるのは、大きな転機をサポートしてきた水晶と黒珊瑚は、
たぶんエネルギー的にかなりくたびれているはず。
だから、私の手元で少しお休みさせて、気を充電させてあげたい。
そうしないとお守りとして、どんどん役に立たなくなってくるかもしれないのです。


その「杏童占い奇譚 その二」を読んで、お心当たりのある方、どうか(怒りませんので)
一度お戻しくださいますようお願いします。
もしどうしてもまだ必要であれば、再度お貸し出ししますので。

 
 
                                トップに戻る→         杏童占い奇譚その一→  
 copyright (c) 2011 湘南「杏童」 all rightsreserved.